山本保健薬局は、地域に根ざした総合的な『かかりつけ薬局』を目指します!

TOP
>
当薬局での栄養サポート

 

栄養サポート

山本保健薬局は独自の形で「輸液管理」を行います

無菌調剤施設を備え、輸液調剤に対応します。

当施設の特徴は、これまでのトップダウン的な発想に基づく薬局の役割としての無菌調剤業務に留まらず、地域医療の中から生まれる栄養サポートチーム(NST)の一員としての役割を担う独自の形でのスタンスを目指します。

 

写真

 

総説

「HPN事業というのは、儲からん事業」というのが、薬局経営者の間では今では定説となっています。実際に設備・人手・備品などどれをとってもかなり高コストがかかる事業であるかもしれません。

 

行政サイドにしても、その厳しい現状をどの程度認識しているのかはわかりませんが、供給される医療サービスとのバランスを考慮した場合に、それほど医療サイドのスタンスばかりには立てないということでしょうか・・・?けれども、現状のシステムに改善の余地はないのでしょうか?

 

これまで病院内で行われていた状況を1つのヒントとして対応すれば、決して割に合わない事業ではないと思うのですが・・・。

 

栄養サポートへ戻る