山本保健薬局は、地域に根ざした総合的な『かかりつけ薬局』を目指します!

TOP
>
山本保健薬局について

 

山本保健薬局について

薬局紹介

当山本保健薬局は昭和60年8月、ダイドー薬品株式会社山本薬局の支店として「医療」というものを強く意識し、これまでにない未来志向の薬局を目指して開設した。そのような意味から、開設当初の名称は、「調剤」という言葉を前面に出して「山本調剤薬局」とした。

しかし当時は「医薬分業」自体がほとんど進んでおらず、一般的な薬局の主な業務は物品販売、しかも医薬品よりも日用雑貨の販売のウェイトが多くを占めるような状況であったことから、あらゆる面で険しい道のりであった。開局直後の当薬局の処方箋受付枚数は、歯科処方箋を中心として月平均60枚~100枚であった。

店舗外観写真

 

 山本調剤薬局

先に述べたように、昭和60年当時といえば、「薬局」というもののイメージは、ごちゃごちゃとシャンプーや洗剤が所狭しと並べられた「雑貨屋さん」というものであった。

 

しかし一方で、次第に「医薬分業」の声が高まりつつある時期で、社会的にも「医薬分業」という言葉が市民権を得てきたころでもあった。そんな中で一部の医療機関からは本格的に院外処方箋の発行を行うところも出始め、第二薬局を含めて、これまでの「薬局」のイメージとは一変する調剤専門薬局が生まれてきた。

 

そんな薬局の中に、この「調剤薬局」と命名する施設が多くあったが、当方の命名の理由とは若干違ったものであった。

 

 ご案内

 地図

 

南海本線岸和田駅、南出口より徒歩約30秒